公園で出会った野草。ケテイカカズラ

  • 撮影場所:都市農業公園【東京都】
  • 撮影日時:2016年4月29日
  • 撮影時間:PM12:21

 皆様は、ケイカカズラと言う野草ご存知ですか。

家から自転車で10分位の場所に都営の公園で、都市農業公園が有ります。公園は、季節の花々が植えられていて都心では珍しい農業公園です。4月29日は昭和の日ともあり、子供連れのご家族で公園内は賑わっていました。園内の土手っぷちはあたり一面真っ白な花で覆われていました。写真は、その白い花で覆われた一部を切り取って撮してみました。日差しが強かったので木陰を利用して明暗を出して花にスポットをあてています。

以下にネットからケイカカズラの参考文献をご紹介致します。

IMG_2683「ケテイカカズラは近畿地方以西の本州・四国・九州・琉球、朝鮮・中国に分布する常緑のツル
植物。常緑樹林の林床や林縁などに普通に見られる。林床に生育する場合には地面を這い、葉は小さく文様があることが多いが、付着根を形成して樹木に登ったり、石崖などに生育する場合は葉は長さ4~8cmほどになり、表面の文様はなくなる。葉の表面には毛がないが、裏面・花柄・若い茎などには毛がある。5月から6月にかけ、直径2cmほどの白い花を咲かせる。顎片は5~6mmでやや目立ち、淡緑色。花筒は基部が細く、膨らんだ上部とほぼ同じ長さ。毛が多いことと、花筒の細い部分と太い部分がほぼ同じ永さである点は、重要な区別点。類似した植物であるテイカカズラと混生することもあり、生態的な違いは今後の課題であるが、分布域からみればテイカカズラにくらべて南方系であり、温暖低地に多いのではないか
と思う。岡山市では、より自然性の高い場所にテイカカズラが、やや荒れた印象のある場所にケテイカカズラが生育する印象がある。花筒の細い部分と太い部分がほぼ同長である点、葉の裏面に毛が多い点などが区別点である。」IMG_0369

写真を撮ってインスタに投稿するまでは、あまり意識して花を見たことがなかったので、農業公園以外でどこに咲いていたかは定かではありません。
花の名前を探しているときにテイカカズラと言う野草を見つけました。とても良く似ているので、最初はテイカカズラだと思いこんでいましたが、いくつか文献を探しているうちに上の文献に出会い、ケテイカカズラだと言うことが分かった次第です。
皆様のご自宅の近くには、咲いていますか?5月の中頃すぎに花の写真を撮りに農業公園に行ってきましたが、だいぶ枯れていて写真で見るような美しい姿は、そこにはありませんでした。このアップ写真を見るたびに写真に撮っておいてよかったなと思います。今回は、初回ともありあまりうまく紹介できませんでしたが、より良いコンテンツにできるよう勉強していきたいと考えています。次回をお楽しみに!

インスタグラム takehiko.kubota

タグ #Wildflower #野草 #flowers #花 #smallflowers #小さい花 #ケテイカカズラ

 

投稿者:

tk_regis

趣味 (現在) 写真を撮っる ブログを書く ホームページの作成 その他(他にもたくさんあります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です