世界一美しい花   ろっ~ず

今回でブログの投稿が、3回目になります。忘れていましたが、自己紹介していませんでした。新人ブロガーの久保田です。

わたくしは、東京の浅草生まれで現在は東京の足立区に住んでいます。写真を撮るようになったのは、中学の頃、義理のお兄さんからマニアル仕様の一眼レフ(当時35ミリフィルムの物)を貰ったのがきっかけです。当時(昭和55年頃)、今のように撮った写真がスマホやパソコンで見ることなど出来ない時代です。現像にかけるお金の余裕もなかったのでお遊び程度で趣味とまでいきませんでした。本格的に撮り始めたのは20代後半になってから、35ミリフィルム仕様の一眼レフ(キャノンEOS)、を買って風景や草花などを撮り始めました。

DSC_9386 (1)

最近、時間的余裕が出来てきたので、また花の写真でも撮り始めようと思い、今流行のカメラおやじを始めたと言うわけです。ブログで紹介する花々は、自宅から自転車で撮影に行ける場所(特に近所の公園・撮影スポットなど)です。撮した写真をインスタグラムとブログに紹介しようと思いました。
ブログには、撮るときに気づいたことや考えたこと、知らなかったことなどをネットや文献なども調べてコメントしたいと思います。写真を趣味にしている方や興味のある方は、みにきてくださいね。
さて、本題のテーマ「世界一美しい花」皆様の世界一美しい花って何ですか?
わたくしは、「バラ(ろっ~ず)」を選びました。
「え~」と言うあなたは、あなたの「世界で一番美しい花」を理由とメッセージを添えて教えてください。

 

DSC_9434

では、なぜバラが「世界で一番美しい花」なのでしょうか。

選んだ理由は、いくつかあります。その一つは、多くの色と美しさ

皆様は、バラと言われてすぐに思いつく花の色はいくつ有りますか?
私の場合、赤、ピンク、白、オレンジ、黄色ぐらいしか正直思いつかなかったです。
ここで、色について書かれた文献をご紹介します。

バラの色について
バラの花色は無限といって良いくらい、さまざまな色があります。白、黄色、オレンジ、赤、ピンク、紫を基本にそれらの中間色や、それらがややくすんだ色味(彩度が低い色)や、うすい色味(明度が高い色)があります。ただし青系統と黒はありません。(バラの花色でよく使われる「青バラ」は紫系統の色であり、「黒バラ」とは赤のくすんだ黒っぽい赤のをことを言います。)
ただし、色は人によって感じ方が違います。一日の内でも朝、昼間、夕方では陽の光の変化もあって異なって見えます。また見る時の回りにある色によっても影響を受けます。さらにバラの場合は同じ株でも春の花と秋の花ではまるで違う品種と思えるほど色が変化するものもあります。全般的に温度の下がる秋の花は、春の花色に比べより濃く鮮やかにあるいはくすんで見えます。その上たとえ同じ品種でも植える場所(土や気象環境)によって色味が変化します。

花色の表現方法について
バラの園芸書の解説では、その花色を表すのにさまざまな表現が用いられています。これは実際の色を少しでも読者に伝えようとする、筆者の方々の努力の結果で、印刷された写真を見るよりもその色がイメージできる豊かな表現もあります。しかし一方でさまざまな色名(特に外国語のカタカナ表現)が登場するため、読者が混乱するケースも少なくありません。

・赤紫色から咲き出してグレイをのせた散り際の色 (カーディナル・リシュリュー)
・明るいオレンジ黄色の丸いつぼみから淡いクリーム色に開花 (ジスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド)
・明るいソフトピンクの弁底にクリーム色をにじませる (エマニュエル)
・淡いピンクやサーモンピンク、黄色も秘めて複雑な色合いに開花(イングリッシュ・エレガンス)
・クリーム色にピンクやオレンジをにじませる繊細な色調(フォーチュンズ・イエロー)
・クリームをおびたアイボリーホワイトから弁咲きにラベンダーピンクをにじませる(マダム・アントワーヌ・マリー)
・クリームをのぞかせた淡いサーモンピンクのつぼみからクリームピンクに開花 (マヌフェイ)
・濃いバラ色のつぼみから中心にくすみのあるオレンジを残すように開花 (マダム・ロンバール)
・濃いピンクのつぼみから明るいピンクのカップ咲きに (プリフェラ・ドゥ・ルドゥテ)
・光沢のあるクリムソンレッドの花色はややモーブをおびます (デューク・オブ・エジンバラ)
・サーモンをおびたピンクから銅をのせたピンクへ (トライアンフ・デュ・ルクセンブルグ)
・ダーククリムソンからやや紫をおびて開花 (ウィリアム・シェークスピア)
・ダークなベルベット赤から暗い紫赤に咲き進み (トラディスカント)
・中心に濃いピンクを抱えるようなディーカップ (フェリシテ・パルマンティエ)
・銅橙色のつぼみから明るいオレンジ色に開花し、さらにくすみをおびた淡いピンクに変化 (ジャックネッタ)
・弁底にわずかに黄色を発色するクリーミーホワイト (マダム・ルグラ・ドゥ・サンジェルマン)
・やや青みのある濃いピンクのつぼみから明るいピンクに開花 (春芳)
2)色名いろいろ
園芸書に良く出てくる色名。これらをみると中間的な色、微妙な色の表現に苦心していることが伝わってくるが、一方で読者には解り難いものも多い。
・黄色味の淡いオレンジ色 - アプリコットイエロー、アプリコットオレンジ、バフオレンジ、びわ色、ミルクコヒー色
・黄色系の色名 - バターイエロー、ハニーイエロー、バフイエロー
・ピンク系統の色名 - シルバーピンク、パウダーピンク、ピンクベージュ、ローズピンク
・黄色味の強いピンク - アプリコットピンク、クリームピンク、コーラルピンク、サーモンピンク
・紫の入った赤 - クリムソンパープル、パープルクリムソン、パープルレッド、モーブ
・紫味の淡いピンク - ライラックピンク、ラベンダーピンク、ブルーグレー
・赤色系の色名 - クリムソンレッド、ベルベット赤、レンガ色、ローズレッド
さらに中間的な色を表すために、色名に形容詞を加えてよりイメージし易くしようとしている表現
・白にも見えるうすいピンク   ・ソフトで透き通るようなピンク  ・つやをおびた淡いピンク
・アイボリーがかったピンク  ・肌色のようなピンク  ・青みをおびたピンク  ・あたたかなカーネンションピンク
・甘いピンク  ・華やかなピンク   ・くすみのあるピンク    ・モーブをおびた明るいピンク
・ピンクをおびたアプリコットオレンジ  ・ピンクをにじませるクリームイエロー
・クリームをおびた乳白色   ・アプリコットをおびたクリーム   ・コクのある黄色    など

『バラの百科事典』参照

このように多くの色を持つバラは「世界一美しい花」と言っていいですね。

私は、バラを撮すようになるまで、名前はー「えーと」バラでしょ。と言うぐらいバラ音痴でした。ちなみに、バラ図鑑で調べたところ2万種以上もあるそうです。えーすごい世界一!バラがこんなに沢山も有り一つ一つに名前がついていることを知らなかったのです。ためしに、ネットで「世界一美しい花」とグーグル画像で検索してました。上位は、バラバラバラの写真です。こんなにも、みんなに愛されている花なのだなと痛感しました。

それでは、どうして2万種あるのでしょうか?

最近、バラを調べるようになり少しだけ分かってきました。私達が日頃、公園などでお目にかかっているバラは、園芸バラ(栽培バラ)なんですね。

DSC_9115写真を撮っている時に気付くことは、ネームプレートにその種の薔薇の品種名、作出国、作出者、作出年も一緒に記載されています。

 

みなさまは、おわかりですよね。これってなぜでしょう。

園芸バラとは、野ばらや自然界にないバラ同士を人工的に交配させて誕生したバラなんですね。バラの種類が多いのは、品種改良されて人工的につくられているからです。

DSC_9228

今回のテーマわたくしが、「世界で一番美しい花」に選んだ理由は、バラが、世界の人々に愛されてたくさんの花がこの世に生みだされて来たからこそ「世界一美しいのんだな」と思ったからです。

さて、バラについて調べ始めましたらまだまだ知らなかったっことや気づいたことなど書ききれないほどありそうです。では、次回もローズについて調べるとして、バラが「世界一美しい」ことを見つけてご紹介していきたいと思います。お楽しみに!

インスタグラム takehiko.kubota (投稿数が60を超えました。)

 

 

 

投稿者:

tk_regis

趣味 (現在) 写真を撮っる ブログを書く ホームページの作成 その他(他にもたくさんあります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です